地区のお祭り

こんにちは。先日 10月4,5,6日と地区のお祭りに参加しました。そのときの様子などを簡単に記します。

私の住んでいる掛川市細谷は、大体掛川市街のお祭りより一週間早く行われます。

1日目の夕方にお祭りが始まりました。6時頃に公会堂(会所)にある屋台を出して、地区内をぐるぐると回ります。普通の屋台のほかに、子供用の屋台も一緒に巡回します。県道を通りながら、地区の神社と阿弥陀堂と呼ばれる簡素なお宮を回ることになっています、

2日目の午前中は地区の南側、会所からいこいの広場、ナフコのあたりまでを回ります。このとき天気予報は、雨が降るかと言われていましたが、予想に反して晴れていました。その影響か、少し暑かったです。

2日目の午後は、他地区、原谷地域の屋台と合流します。まず神社を回り、その後に本郷東地区と合流します。それから県道から線路を越えて西側を通る農道を通ってとうどの森で子供たちなどが踊ったりします。それから原谷小学校の南にある広場で原谷全地区(細谷、本郷東、本郷南、本郷西、西山、幡鎌)の屋台が合流します。そこでイベントを行います。今年は雪駄飛ばし大会でした。そこで夕方まで飲んだり食べたり、イベントを見たりしながら夕方まですごします。

2日目の夜は、原谷のうち3、4地区合同で原谷駅で騒ぎました。青年部の叫びが結構な賑わいでした。

3日目は地元の地区をぐるりと回りました。午後に神社に集まって、巫女さんも含めて神事が行われました。そのあとに餅巻きもしました。
夜にはおでんやお餅、おしるこをご馳走になりました。このときが一番騒がしかったですね。

久しぶりに歩いたので、足が筋肉痛になりました。神社が江戸時代から続く由緒あるものであることなどを知ったり、地元の雰囲気に少しだけなれた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください