地震

こんばんは。

そういえば今日2014年3月11日で東日本関東大震災が起きてから3年になります。2011年のその日の午後2時ごろ、勤務先で、長く、割と強い揺れを経験しました、それから数分後に東北で大被害が起きているとこを知りました。

静岡県掛川市で生まれてから何回か強い地震を経験しています。確か、中学生のころ、授業中に強い地震がありました。それから長野県の御嶽山のふもと、王滝村が震源地の地震だということを知りました。長野県西部地震と呼ばれているものです。

それから、私がアメリカに留学する前に阪神・淡路大震災がありました。その地震はAM5時ごろ、朝早い時間帯だったと思います。地震のあった神戸の付近は、それまで日本ではあまり地震の起きない地域といわれていたらしく、日本に住んでいる以上は地震を覚悟しなければならないと感じたものです。

静岡県では、私が小さいころから東海大地震という大きな地震がくるとずっと言われ続けています。私が小学生のころは、防災頭巾を椅子のところに敷いたり(掛けてあったかもしれない)したものです。防災訓練のときはそれを頭にかぶって机の下に隠れる練習をし、それから校庭に出て、点呼をしてちゃんといるか確認をして、といったことをやっていました。

そんなこんなで、いつ来るかわからない地震を頭の片隅に入れて生活しています。大きなゆれを感じた後に近くが震源地でないことを知ると正直ほっとする自分がいます。原発が御前崎市旧浜岡町と近くにあるので東海大地震が起きてメルトダウンがあったら思うとそれも怖いです。家は大丈夫か、勤務先もそれなりの準備はできているか、何より自分、家族、その他大勢の人がそのとき無事であるか、つい忘れてしまいがちですが、たまには気を配ることが必要なのだと思います。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です