こんばんは。最近肌寒くなってきました。昼間は半そででも何とかなりますが、夜になると長袖が必要になります。

静岡県の冬は暖かいとよくいわれますが、それでも冬は寒いです。当たり前ですが、半そで短パンではとても過ごせません。まず朝は寒くて起きるのがつらくなります。確かに、気温が氷点下になることは少ないのですが、外に出ると空っ風が吹いて、気温以上に寒さを感じます。

小中学校のころは、今よりももっと寒かったように感じます。最近では冬の朝に霜柱が立つのを見ませんが、そのころは、校庭のあちらこちらで霜柱をよくみました。風も今より強かったように感じます。自転車で自宅から学校まで、また友達の家まで、北風の吹く方向に向かって走るのが結構つらかった記憶があります。

静岡県の冬が暖かいといわれる理由に、雪がめったに降らないことを挙げる人も多いです。二度いいますが、風が強いので寒さは感じます。しかし、確かに雪を見かけることはめったにありません。学校で雪が降ると授業が止まります。雪が積もることはまれなので、地面がすこしでも白くなると、今でも結構わくわくするものです。

また、自分が小さいころ、まだ幼稚園に通っていたころ、掛川に大雪が降った記憶があります。妹と写っている写真がアルバムに残っています。

そういうわけで、静岡の冬は寒いです。しかし、最近、旅をするようになってから、静岡の冬が全国的には暖かいほうだと感じるようになりました。東北の冬はすごく寒いです。バス停から雪が積もる道を、目的地の秘湯まで1時間弱歩いたときは死にそうに寒かったです。また、九州の大分県に行ったときも、山のほうは雪が積もっていた分、寒さを感じました。

全国的には暖かいほうですが、でもやはり静岡の冬は、自分にとっては寒いです。これから寒くなるので、健康等に気をつけて無事に過ごせることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください